宅配クリーニングの4つのメリットと2つのデメリットを紹介!

「宅配クリーニングのメリット・デメリットを知りたい!」

「メリット・デメリットを知った上で宅配クリーニングを利用するか決めたい」

こんな要望にお答えします。

ということで、本記事では宅配クリーニングのメリット・デメリットを紹介していきます。

宅配クリーニングの4つのメリット

宅配クリーニングを活用するメリットは以下になります。

  • クリーニング店に行く必要がない
  • 24時間申し込みができる
  • 保管サービスがある
  • ブランド衣類もクリーニングOK

クリーニング店に行く必要がない

宅配クリーニングは宅配業者が自宅まで来てくれるので、自宅にいながらクリーニングに出すことができます。

クリーニング店に行く時間は短縮できますし、持ち運ぶ必要もなし。

近くにクリーニング店がない方や忙しくてクリーニング店に行く時間がない方などにおすすめです。

24時間申し込みができる

店舗型クリーニングの場合は営業時間がありますが、宅配型クリーニングはネットで完結できるため24時間申し込みを行うことができます。

保管サービスがある

「最大8ヶ月長期保管可能」というように、ほとんどの宅配クリーニング業者には保管サービスがついています。この保管サービスとは、クリーニングしてもらった洋服を一定期間預けることができるのです。

例えばオフシーズンの服を預けておけば、その間クローゼットのスペースは広がるので使いやすいです。

ブランド衣類もクリーニングOK

「高級なブランド品を普通のクリーニング店に出すのが不安」

こんな時も安心してください。

宅配クリーニングにはいろいろなタイプがあり、洋服の素材に応じた溶剤を使っていたり、1点ずつその洋服にあった洗い方をしてくれる高級クリーニングもあります。

宅配クリーニングの2つのデメリット

宅配クリーニングのデメリットは以下になります。

  • 受け取りまでの期間が店舗型クリーニングより長め
  • 店員と直接話すことができない

受け取りまでの期間が店舗型クリーニングより長め

宅配型クリーニングの場合、店舗型クリーニングより受け取るまでの期間が長めです。

その理由としては集荷や受け取りの配送期間があるのでその分、店舗型と比べて長くなってしまうのです。

店員と対面で直接話すことができない

店舗型クリーニングだと、持ち込んだ衣類のシミや汚れについて、店員と話しながら確認できます。

しかし、宅配型クリーニングは集荷から受け取りまでネットで完結してしまうため、店舗型みたいに対面で直接話すことができません。

まとめ

宅配クリーニングのメリット・デメリットを紹介しましたがいかがでしたか?

宅配クリーニングは、自宅にいながらクリーニングに出せるとても便利なサービスです。デメリット以上にメリットの方が大きいので、まだ活用したことがない方は一度活用してみてはいかがでしょうか?

メリット

  • クリーニング店に行く必要がない
  • 24時間申し込みができる
  • 保管サービスがある
  • ブランド衣類もクリーニングOK

デメリット

  • 受け取りまでの期間が店舗型クリーニングより長め
  • 店員と直接話すことができない
タイトルとURLをコピーしました